読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

k-holyのPHPとか諸々メモ

Webで働くk-holyがPHP(スクリプト言語)とか諸々のことをメモしていきます。ソースコードはだいたいWindowsで動かしてます。

SqaleのPHPアプリケーションで.user.iniを使ってみたメモ

クラウドホスティングサービス SqalePHP対応された際にキャンペーンで無料アプリケーションを1個いただいて、色々試してみましたが、その後しばらく触ってませんでした。

久しぶりに公式の Sqale - PHPアプリケーションのマニュアル を見てみると、PHPアプリケーション用コンテナの動作環境の説明などがあって、「php.ini を直接カスタマイズすることはできませんが、かわりに .user.ini をご利用いただけます。」との記述がありました。

.user.ini はこれまで使ったことがなかったので、この機会に試してみたメモです。

.user.ini はPHP5.3以降導入された CGI/FastCGI SAPI でのみ利用できる設定ファイルで、PHP_INI_USER の項目はもちろん PHP_INI_PERDIR の項目も設定できるものです。

要はApacheモジュール版以外のPHP環境で .htaccess に代わって設定を変更するための機能というところでしょうか。

SqaleのPHP設定ではいくつかデフォルト値と異なる値がありますが、試しに .user.iniで以下のような定義を追加してみました。

short_open_tag = Off
memory_limit = 128M
post_max_size = 64M
upload_max_filesize = 32M

ドキュメントルート (gitリポジトリのルート/public) に上記内容の .user.ini ファイルを設置し、commitをsqaleのリポジトリにpushしてデプロイします。

デモ用アプリケーションの phpinfo で確認したところ、以下のように反映されていることが確認できました。

Directive Local Value Master Value
short_open_tag Off On
memory_limit 128M 300M
post_max_size 64M 100M
upload_max_filesize 32M 100M

しばらく放置してましたが、Sqaleの方もまた色々やってみようと思います。

過去のSqale関連記事