読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

k-holyのPHPとか諸々メモ

Webで働くk-holyがPHP(スクリプト言語)とか諸々のことをメモしていきます。ソースコードはだいたいWindowsで動かしてます。

Windows環境でGrowlによるStagehand_TestRunnerのテスト結果通知

PHP Windows

なんかMacユーザの皆さんがGrowl Growlって言ってるけど…どーせWindowsじゃ使えないんでしょ、って勝手にやさぐれてたら、実はWindows用のクローンがあったんです。(今更気付きました…)

そろそろ、エディタの裏で動いてるStagehand_TestRunnerのAutotestをチラ見するのに疲れてきたところなので(?)、早速Growlによるテスト結果通知を試してみました。

まずは、Growl for Windowsをダウンロードして、インストール。
http://www.growlforwindows.com/gfw/

次に、PEAR Net_Growlをインストール。

[追記]
Stagehand\TestRunner\Notification\Notifierのソース見て疑問に思い、別の環境で試してみたところ、PEAR Net_Growl入れなくても大丈夫なようです。(多分V2.18以降から)
Twitterで@itemanさんからも、その旨コメントいただきました。

Growlへの通知機能については、V2のユーザーガイドの記述が詳しいです。
http://piece-framework.com/projects/stagehand-testrunner/wiki/Stagehand_TestRunner_ユーザーガイド_2_18_0#テスト結果の通知

通知に使用されるコマンドは環境によって異なり、Windows + Growl for Windowsの場合は、growlnotifyコマンドへのパスを通す必要があるようです。


Growl for Windowsのインストールディレクトリ(自分の場合 C:\Applications\Growl)をシステム環境変数Pathに設定しました。

それから上記ユーザーガイド記載の -n オプションを試したところ…。

$ testrunner phpunit -p bootstrap.php -Rn

  [RuntimeException]
  The "-n" option does not exist.

そんなオプションねえよ!って怒られました。
testrunner phpunit --help で確認したところ、V3のPHPUnitでは以下のオプションが有効とのこと。

Options:
 --preload-script (-p)    The PHP script to be loaded before running a command
 --config (-c)            The YAML-based configuration file for Stagehand_TestRunner
 --recursive (-R)         Recursively runs tests in the specified directories.
 --autotest (-a)          Monitors for changes in the specified directories and run tests when changes are detected.
 --watch-dir (-w)         The directory to be monitored for changes (default: The directories specified by the arguments) (multiple values allowed)
 --notify (-m)            Notifies test results by using the growlnotify command in Mac OS X and Windows or the notify-send command in Linux.
 --detailed-progress (-d) Prints detailed progress report.
 --stop-on-failure (-s)   Stops the test run when the first failure or error is raised.
 --log-junit              Logs test results into the specified file in the JUnit XML format.
 --log-junit-realtime     Logs test results in real-time into the specified file in the JUnit XML format.
 --test-file-pattern      The regular expression pattern for test files (default: Test(?:Case)?\.php$)
 --test-method            The test method to be run (multiple values allowed)
 --test-class             The test class to be run (multiple values allowed)
 --phpunit-config         The PHPUnit XML configuration file

どうも、テスト結果の通知オプション引数は、Stagehand_TestRunnerのバージョンによって g→n→m と変わったみたいです。

というわけで、mオプションで実行します。

$ testrunner phpunit -p bootstrap.php -Rm


無事にシュッと表示してくれました!


おまけ

通知時に表示されるアイコン画像は、Stagehand/TestRunner/Notification/ ディレクトリにある、failed.png, passed.png, stopped.png が利用されています。
画像を変更したい場合は、これを上書きするか、Stagehand/TestRunner/Notification/Notifier.php 冒頭の以下を書き換えるといいみたいです。

Notifier::$ICON_PASSED = dirname(__FILE__) . DIRECTORY_SEPARATOR . 'passed.png';
Notifier::$ICON_FAILED = dirname(__FILE__) . DIRECTORY_SEPARATOR . 'failed.png';
Notifier::$ICON_STOPPED = dirname(__FILE__) . DIRECTORY_SEPARATOR . 'stopped.png

イコン画像を変えると開発効率UP!という方は、好きなものに変えてみるといいんじゃないでしょうか。